コリーの子犬を迎える準備  コリー専門マザーレイク

コリーの子犬を迎える準備

コリーの子犬を迎える前に揃えておきたい最低限必要な用品とお迎えについて、マザーレイクの子犬のオーナー様にお伝えしている事柄を書き出してみました。マザーレイクの子犬のオーナー様向けの内容となっていますので、参考までにしてください。
子犬を迎える前の準備

マザーレイクの子犬は「室内飼育」を条件にお譲りしていますので、ここでは室内飼育を前提に説明していきます。

子犬のお部屋を決める

まずは、最初に子犬の居場所となる部屋を決めておきます。できればリビングなど、常時人がいる部屋が望ましいです。最終的に全部屋フリーとするにしても、当初はどこか一部屋に限定するようにしてください。
子犬の居る部屋の床がカーペットや畳、絨毯の場合、子犬のトイレトレーニングがうまく行かない事が多いです。粗相した場合の始末が大変で、臭いが完全に取れにくいので、何度もトイレを失敗する可能性が高くなります。また、フローリングの場合は滑りやすく、子犬の足を痛める恐れがあります。
そこでおすすめしているのが、ホームセンターなどで切り売りされているクッションフロアです。床全体を張り替えなくても、既存の床の上に敷くだけでも構いません。1.8m幅の事が多いので、貼り合わせる時には専用テープを使うと良いです。これは比較的滑りにくく、老犬にも適しています。粗相をした場合でも、サッと拭き取れますし、漂白剤などを使用することもできます。部屋全体に敷くのが困難であれば、子犬のサークルの下など、一部だけに敷き詰めることもできます。

用具を準備する

初めてコリーの子犬を迎える場合、最初に用意しておきたい物品をあげてみました。
専門店で購入するもの
・ケージ(できれば金属製スノコつき)
・サークル
・バケツ型水入れ
・子犬用フード
・カラー(首輪)、リード ← 成長によりサイズが変わるのでお散歩デビュー後に購入
ホームセンターのペット用品コーナーでも購入できるもの
・トイレシーツ
・食事用皿
・フードストッカー
・トイレシーツを押さえておくもの
・クールマット(夏季)、毛布など(冬季)
・消臭スプレーなど(粗相用)
・耳セットをする場合はユートクバン等の耳セット用具(耳セットのページ参照)。
・ブラシ、コーム、スリッカー等
・オモチャとおやつ

ケージ
ケージは子犬にとって安心して休息できる場所です。子犬のうちは目を離した隙に危険なものを口にしてしまう可能性が高いので、一緒にいられない時や就寝時はケージで過ごさせるようにします。高価ですが、一生使えるものですし、折りたたんで収納できるので便利です。サイズは成犬時の大きさを想定して購入しますが、当犬舎では性別にかかわらず、このサイズをお勧めしています。
【中国製】トムクレイト5000【RCP】

【中国製】トムクレイト5000【RCP】
価格:7,380円(税込、送料別)


サークル
サークルはいろいろなタイプが販売されています。選ぶときのポイントとしては、悪戯して齧ることを考慮して金属製が良いです。高さは最低でも90cmは必要です。成犬になって使用しなくなった時には折りたたんで収納できるタイプがお勧めです。
ケージにナスカンなどを使って連結して使用します。
【中国製】8面サークルDTC42(扉付)【RCP】

【中国製】8面サークルDTC42(扉付)【RCP】
価格:5,980円(税込、送料別)


バケツ型水入れ
コリーは顔が長いので、水を飲んだ後にダラダラと口から水がこぼれ落ちやすく、水飲み場の床が汚れがちです。また、夏生まれの子に多いのですが、暑さのため、前足を水入れに突っ込んで水浴びをする癖が付いてしまうことがあります。
そこで当犬舎では、深型のバケツタイプの水入れを使用しています。水入れの半分以下まで水を入れるようにすると、比較的こぼす量が少ないうえ、水浴び防止対策にもなります。
 バケツ型水入れ使用例  ←ケージやサークルなどに、引っかけて使用します。引っかけ部分を引っかけるだけでは、ひっくり返してしまうことがあるので、取っ手の部分にナスカンを取り付けて、ナスカンで格子に取り付けるようにすると安全です。
 →引っかける場所がない場合、このように植木鉢ホルダーを使うと便利です。水入れバケツに合うサイズを購入すれば、すっぽりとハマります。これは100円ショップで購入したものですが、数年使っていても問題ありません。
水の量を半分以下しておけば、安定性も十分です。
当犬舎では下にスノコを置いて、水濡れ防止策としています。これは猫用で、猫砂を落とすための台です。
 バケツ型水入れ使用例


シャンプー
シャンプーはテルメディックをお勧めしています。これはリンス不要で泡切れが良く、乾きが圧倒的に早くてドライタイムも短く済むので、シャンプーが苦手な子には特におすすめです。
低刺激で、人の手も荒れません。香料不使用なので、臭いに敏感な子犬にも良いです。3倍に薄めて使用できるので経済的です。ノンシリコンです。


カラー&リード
コリーには普通のベルト型首輪は不向きです。頭部が細いので、首抜けしてしまう危険があります。また、胴輪は病中の犬、老犬以外にはお勧めできません。
コリーによくつかわれているのはチョークカラーと呼ばれるタイプで、一本の紐状になっていて、犬が引っ張ると輪が締まるので、首抜けすることはなく、引っ張り防止にもなります。一般的なペットショップでは販売されていない事が多いので、ネットで購入をお勧めします。

チョークカラーは金属製もありますが、普段のお散歩用にはナイロン製が向いています。長さは成犬時で♂50〜55cm、♀45〜50cmくらいです。お散歩デビュ―の頃は40cm以下のサイズです。

リードは長さが120cm、1.0cm以上の太さがあればどんなものでもOKです。引っ張り癖の強い♂でしたら、2cm位の太さがあった方が安心です。
 
成犬時、引っ張り癖の強い子にはお勧めの商品です。当犬舎のオーナーさんの間で好評です。


フード
子犬用フードはこれまで10種類以上使用してきましたが、この商品が最も消化吸収が良く、お腹を壊しにくく、便の状態が良いので、現在はこのフードを使用しています。
生後3か月くらいまでは上の子犬用を与え、食付きが悪かったり、体格が小さい場合を除いては、その後は6〜8ヵ月くらいまで下の大型犬の子犬用にしています。
それ以降はどの銘柄でも良いので成犬用に切り替えます。
フードについては、必ずそれぞれのブリーダーさんの推奨する商品を与えてください。


お手入れ用品
最低限そろえておきたいのはブラシ、コーム、スリッカーです。他に髪を切るハサミ(人間用で可)、爪切りなどもあれば良いです。これらはホームセンターのペット用品コーナーで販売されているもので十分です。
生後3か月以下の子犬なら、スリッカーだけでも良いと思います。スリッカーは地肌に強くこすりつけるような使い方をしないようにすれば、コームよりも嫌がりません。

【取寄品】岡野製作所静電スリッカーブラシ 中

【取寄品】岡野製作所静電スリッカーブラシ 中
価格:1,800円(税込、送料別)



ベビーゲート
ペットゲートとして販売されていますが、人間の赤ちゃん用のベビーゲートと同じ仕様です。価格は赤ちゃん用の方が格安です。犬が立ち入っては困る部屋や、階段の入り口などに設置すると便利です。当犬舎では各部屋出入り口に設置してあります。間口を確認して購入してください。


消臭スプレー
子犬が粗相をしたりして汚れてしまった場合など、子犬が舐めても安全な製品です。臭いもほとんどありませんので、子犬がいやがりません。
他にも多様な商品が販売されていますので、「子犬が舐めても安全」という商品であれば、何でも構わないと思います。


よく利用しているショップ
ケージやサークルなどの大型商品、フードが格安なショップです。実店舗は当犬舎から40分ほどの場所にありますので、来舎のついでに購入されていくオーナーさんも少なくありません。
 大型犬専用の商品が豊富で、特に介護用品は充実しています。要介護の老犬がいた時にはお世話になりました。
アイアンバロン



その他  
トイレシーツ 子犬が悪戯して食べてしまうこともあるので、吸水ポリマー入りの厚手のものは避け、薄い格安品の方が安心です。成犬時はダブルワイド(90×60)、またはワイド(45×30)になります。子犬にはワイドサイズくらいが良いと思います。また、粗相をした時などの処理用にはレギュラーサイズもあると便利です。
シーツ押さえ  子犬がシーツを悪戯してしまうのを防止するため、シーツの上にバーベキュー用の金網や、100円ショップで販売されているワイヤーラティスなどをシーツの上に乗せておくと便利です。
フード皿 噛んで悪戯をしてしまうことがあるので、陶製かステンレス製が良いです。陶製なら100円ショップで販売されているグラタン皿がちょうど良いです。
フードストッカー 専用に販売されている商品もありますが、一般的な蓋付きのコンテナで十分です。蓋はロックできる方が安心です。
オモチャ ある程度大きくくなった子犬は、ぬいぐるみなどの中身を引っ張り出して飲み込んでしまう事があるので、おもちゃ選びの際は「丈夫であること、洗浄できること」を考慮して選んでください。
オヤツ 子犬のうちはジャーキーなどは与えず、ビスケットやボーロなどだけにします。退屈しているようなら、大き目の犬ガムを与え、齧らせておくとよいです。ただし、食べさせないように、齧るだけにしてください。


戻る