コリー専門ブリーダー マザーレイク犬舎の日々の生活について紹介します


コリー 日常の写真

マザーレイクのコリーたちの暮らしぶりを紹介してみたいと思います。

コリー 日常の写真 マザーレイクのコリー達は、普通の家庭犬と同じ生活をしています。

一般的なブリーダーの飼育管理(運動の時間以外はケージまたは犬舎)ではありません。成犬たちは、ほぼ一日フリーで過ごしています。
エアコンを使用している期間以外は、玄関のドアを開放していますので、庭と室内を自由に行き来しています。

目を離すと悪戯をする若犬は、留守番時と就寝時はケージに入れます。若い時期に一定時間、ケージでの生活をすることにより、生涯に渡って、いつでもケージで待機できるようになります。
コリー 日常の写真
コリー 日常の写真 庭は全体を囲ってあるので、自宅ドッグランとなっています。半分は雑草が生える地面、半分はアスファルト敷になっています。
周囲は植栽と高さ130cmの目隠しフェンスで囲い、無駄吠え対策をしています。
コリー達は雌犬のヒート時以外、全員一緒に過ごしています。
♂♀、若い犬、老犬、すべて「家族」ですから、いつもみんな一緒です。時には、小さな諍いもありますが、それも大切なコミニュケーションです。

マザーレイクのコリー達は、24時間一緒に過ごすことにより、コリー達自身によって、年長から最年少まで、きっちりとした順位付けがされます。それゆえ、順位争いや、本気の喧嘩はありません。
コリー 日常の写真
コリー 日常の写真 新しく加わった若い犬は、先輩コリーたちによって教育されます。コリーはとても学習能力が高い犬種ですので、人がいちいち躾をしなくても、周りの犬たちを観察しながら、自分で学習し、我が家のルールを身に着けていくのです。
庭はコリーが全速力で走ることができる広さがあります。
集団で鬼ごっこや、セキュリティーをしながら、運動しています。
特別な場合を除き、1頭ずつのお散歩はしていません。
コリー ヴィクトリア
コリー 日常の写真 時に、空の鳥を追いかけて、大騒ぎしていたりします。
夏はほぼ24時間、最高気温が30度以上になるころからエアコンを入れっぱなしです。
その代り、冬は室内全体を暖めるような暖房は入れません。犬たちの数が多いので、お天気が良ければ、室内の暖房は不要です。
人間はコタツのみ、使用しています。
コリー 日常の写真
コリー 日常の写真 コリー達の食事は1日2回です(子犬を除く)。
コリーは胃捻転になりやすい犬種ですので、その対策として、食事は2回に分けています。さらに、お湯で少しふやかして与えています。
フードはドライフードのみ、健康状態は年齢によって、サプリメントを加えています。
毛の手入れは主にコームを使い、抜け毛を取り除いています。。ラフコリ―の毛は毎日ブラッシングしなくても絡んだりしません。定期的にコーム等でお手入れをすれば十分です。

シャンプーは汚れた時、匂いが強い時、換毛期などに、自宅で行っています。シャワーはマイクロバブルを使用しています。

普段はテルメディックシャンプーを使用していますが、皮膚の状態や、体質によって、薬用シャンプーも使用しています。

シャンプー後は季節を問わず、2種類のドライヤーを使用し、完全乾燥します。
コリー 日常の写真
コリー 日常の写真 ワクチンは1年に1度、8種混合ワクチンを接種しています。
狂犬病ワクチンは春、混合ワクチンは秋に接種しています。
フィラリア予防は4月から12月まで、モキシデックを使用しています。
出産を控えた母犬は、陣痛が始まるまでは普段と同じ、他の犬たちと一緒に過ごしています。交配後も出産前も、特別な管理はしていません。普段と同じ生活、運動をすることが、一番良いと考えています。 コリー 日常の写真
コリー 日常の写真 敷地入り口は2重の囲いにしています。
宅配荷物などは、フェンス越しに受けとっています。コリー達は宅配業者が来ると吠えて大騒ぎしますが、室内に戻るように指示すれば、皆一斉に玄関まで戻ってきます。全員が戻ったらドアを閉めて、落ち着いて荷物を受け取ることができます。
マザーレイクのコリー達は繁殖もショー出陳もしていますが、繁殖目的ではありませんし、ショー目的でもありません。
家庭犬として一緒に暮らすこと・・・・それが一番大切な事です。
コリー 日常の写真
コリー 日常の写真 常時一緒に、家族で暮らすコリーたちは、本来の犬社会らしさを見せてくれます。
子犬はどんなに遅くまで居残っても、ショップや犬市場に販売することはしていません。
ほぼすべての子犬の行く先を把握しています。全体の9割は、直接お引き取りに来ていただいて、飼育状況や、兄弟犬、家族犬を見ていただいています。
コリー 日常の写真
コリー 日常の写真 巣立った子犬たちのお里帰りはいつでも大歓迎しています。また、年に2回程度、ドッグランを貸し切ってのオフ会を開催しています。

コリーたちの画像は常時撮影しています。大切な家族の記録として保存しています。 コリー 日常の写真
コリー 日常の写真 お誕生日などの記念日には、ケーキなどをでお祝いしてます。特に、「犬用」にこだわらず、普通のものを与えています。頻繁に与えるわけではないですし、「美味しいものを食べる楽しみ」も大切だと考えます。
伸び伸びと、個性豊かに育つこと・・・・それが大切だと思います。
神経質すぎず、おおらかなことが、コリーらしさだと思います。
コリー 日常の写真
コリー 日常の写真 雨天時以外、排せつは庭で済ませますので、1日数回、便の回収をしています。
マザーレイクのコリーたちはほぼ全員、トイレシーツでの排泄ができます。
常時若い犬がいるので、体が動くうちは、老犬も一緒になって遊びます。 コリー 日常の写真
コリー 日常の写真 遊びを通して、子犬は各上の犬に対する礼儀を学びます。
1頭ずつ、訓練や躾をしてはいないにも関わらず、人の指示にはよく従い、反抗的になることはありません。
コリー 日常の写真
コリー 日常の写真 コリー 日常の写真
コリー 日常の写真 夏期であっても、毛のカットダウンはせず、お尻やパッド裏のみ、カットしています。
コリー 日常の写真 コリー 日常の写真
コリー 日常の写真 室内では1階フロアのみ、自由に行き来させています。床にはクッションフロアを敷いてありますので、滑りにくくなっています。
室内飼育ですが、X足など、後ろ足に狂いが生じているコリーはいません。
室内ではこんな感じで、主にリビングに集まってくつろいでいます。夏期はリビングに2台、育児部屋として使用する8畳間に1台、エアコンがあります。
エアコン稼働時であっても、リビングの片側のドアは解放し、自由に出入りできるようにしています。冷気が逃げないよう、仕切りとして、厚手のカーテンを使っています。
万が一に備え、リビングのエアコンは2台あります。
コリー 日常の写真
コリー 日常の写真 犬たちのアレルギーの原因となるハウスダスト対策として、リビングには大型の空気清浄器を3台設置し、常時運転しています。エアコンのフィルターは毎日洗浄し、扇風機も毎日羽カバーを外して掃除しています。
掃除機は1日2回、排気のきれいな機種を使用しています。
室内トイレは2〜3か所設置しています。雨天時は小雨程度なら外で済ませます。
トイレシーツは主に洗濯可能なウォッシャブルシーツを使用していますが、雨天続きで乾かない時など、使い捨てタイプも使います。
トイレシーツは犬専用の洗濯機で洗浄しています。

コリー 日常の写真
コリー お昼寝 玄関ポーチはコリー達のくつろぎの場です。日中はほぼずっと、玄関を解放しています。
フードはメーカー直送で注文し、室内で保管しています。開封したものは蓋付ストッカーに保存しています。
年齢、健康状態に応じて、数種類の銘柄を使用しています。また、数年ごとに銘柄を変えるようにしています。
コリー 日常の写真
コリー コイノボリ 5月には、玄関前にコイノボリを飾ります。
クリスマスやお正月、ひな祭りなど、年中行事も大切にしてます。
朝はのんびりと、みんなそろってくつろぎタイム。
庭の除草を徹底しているので、蚊は少ないです。
コリー 休憩の様子
コリー 夜の様子 夜間の最終トイレタイムは11時ごろです。季節にかかわらず、朝は5時起床です。
サプリメントは10歳以上の老犬には関節のためのグルコサミンなどを与え、その他は必要に応じてフィッシュオイル、エビオス、ビオフェルミンなどを与えています。
下痢や軟便時にはドライフードをやめ、缶フードにしています。
コリー 玄関前
コリー 皆で休憩 のんびりくつろぐコリー達。日中は静かにくつろいでいることがほとんどです。
夏季は朝晩のみ、外にでています。昼間も一度トイレタイムをしますが、暑いのですぐに戻ってしまいます。 コリー 日常の写真
コリー 供養 天国のコリー達には、毎日お水とお線香を供えています。
いつも一緒・・・いつまでも一緒・・・・


Top Page